kiyoharaのブログ

いろいろ呟いてます。

M-1グランプリ2018を振り返って その3

さあ!いよいよ本戦のネタについて振り返っていきましょう!


注目のトップバッターに選ばれたのは見取り図でした!


今回の漫才師の紹介はカッコ良かったですね!


さてネタの方ですが、彼女を紹介してもらうというオーソドックスなネタでした。

トップ出番なのに堂々とした漫才!本人達は緊張してたみたいですがテレビからはそれを感じませんでしたね。

前半で前フリを効かせて後半に回収していく話芸は見事!フリが弱かったのか、もっと笑いが返ってきてもいいと個人的には思いましたが、しゃべくりだけで戦う姿勢は好感が持てました!

「それ誰〜!」のツッコミは好きですね〜!

今後ブログで使いたいフレーズです!


得点の方は606点とイマイチ伸びませんでした。

個人的にはもっといっても良かったですけどね。


個人得点 89点



現在の順位は1位です!(当たり前や〜)



2組目はこのコンビでした!


サイコなネタでしたね。

今までは田中だけが演じて武智が冷静にツッコむスタイルが多かったですが、今回は2人が演じるスタイルに変えてました。

危ない来客を迎えたら家主の方がもっと危なかった。舞台全体を使って前半は大きな笑いもあり良かったのですが、後半に尻窄みになった気がします。

M-1常連なので、ちょっとハードルが高かったのと、サイコなネタは中々お客さんには受け入れてもらえないのがあるかもしれませんね。


得点は617点。

見取り図は抜いてきました。


個人得点 87点



現在の順位はこの通り




3組目はこのコンビ!


タイムマシンを1回だけ使えたらというネタ。

ポイントカードを作りに行くってとこで自分はかまいたちのネタにどハマりしてましたね!

お客さんを巻き込んでいくスタイルで2人の怒涛のしゃべくりを展開していきました!

終始笑いが絶えることはありませんでした!

とにかく掛け合いが見事にハマってました!


得点は636点!もっと高いと思ったのですが、会場とテレビでは違うのかもしれません。


個人得点 94点



かまいたちが1位に着けました。



さて4組目!


まさにフリースタイル!

国名を別々にリズムに合わせて言ってるだけなのに、なぜかおもしろい!会場をジャルジャルの世界に引きずり込んでいきました!

「ゼンチン」「ドネシア」の連呼には笑ってしまいましたね!2人が楽しそうにやってるのが本当に良かったです!


得点は648点!自分はかまいたちの方が上だと思いましたが、会場もウケてましたからね。


個人得点 91点



順位も1位に着けました!


ここで見取り図が敗退!

最後も「誰それ〜!」で笑いを取ってました!

来年に期待します!



続きまして5組目!


合コンに誘われるというネタ。

いや〜自分は好きでしたね。自虐ネタではありましたが新しいものに捉われずしゃべくり漫才を繰り広げるスタイル!

わかりやすくてこれぞ漫才という感じでした。

ただ、大きな笑いが少なかったのと展開が無かったですが、のびのびやってる2人が良かったです。



得点は614点!


個人得点88点



順位は4位でした。


残念ながら敗退したギャロップ。

ラストイヤーでしたが、これからも漫才を頑張ってほしいですね。




俺「今回はここまで!」


妹「やっと本戦に入ったね」


俺「今回のブログは長なるぜ〜」


妹「そのセリフ好きやな〜」



「ボタンを押してもらうとブログを書く励みになります」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。