kiyoharaのブログ

いろいろ呟いてます。

かべのこ 3


暗くて冷たい牢屋の中。

壁は苔が生えており腐臭が漂っている。

固く閉ざされた鉄格子の小さな部屋。


魔法の国のお城の中にある地下の奥底。

その箱の中が「かべのこ」の世界だった。


食事は1日に1回あるかないか…

もちろんマトモな食事ではない。


食べ残し…残り物…残飯…


それを舐めるように食べ尽くす。

「おいしい」とかの感情などなかった。

生きる為に食料を得る。

まるで獣のように食べ尽くす。


必ず食料が毎日運ばれる訳ではない。

2日間、5日間、最高では15日の間も食料が貰えないこともあった。


苔を食べ、爪を食べ、なんとか食いちぎれる皮膚を食べ、生き延びている。


ただの人として扱われている。

いつ倒れようが、いつ死のうが構わない。

そんな扱いを受け続けた。


どんなに辛くても涙は出ない。

今の生活が当たり前なのだから。



ギイイィィッ!



鉄の錆び付いた音が部屋の中に響く。

鉄格子の部屋の外にある鉄の扉が開き男が1人入ってくる。


食料だろうか?

いや違う!今日の食料は食している。


奴隷としての仕事だろう。

今日の仕事は「労」だろうか?「肉」だろうか?



「かべのこ!出ろ!」



冷たい声が部屋に響き渡った。



〜続く〜

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。